So-net無料ブログ作成

カテゴリー:コスメ

おすすめのメイク落としランキング [コスメ]

芸能人のオルチャンナチュラルメイクブログをやっているhiroです。


今日は「おすすめのメイク落としランキング」というテーマで書いてみたいと思います。




[スポンサーリンク]







「メイク落とし」と一言で言っても、実はその種類はたくさんあります。
それぞれ特徴があるのですけど、そんなにあるんだってちょっとびっくりです。

種類はオイルタイプ、ローションタイプ、シートタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプですが、あ!!
まだありました。

ポイントメイク専用タイプっていうのもありました。


7種類もあるんですね!
そこでこれらの特徴について調べてみました。
化粧状態や肌質から、ご自身にぴったりなおすすめクレンジングがあるのでよく見てくださいね~。



●オイルタイプ

油なので肌へのなじみがよくて、落ちにくいしっかりなお化粧でもちゃんと落とす高い洗浄力が特徴です。

ちょっと面倒なんですが洗顔料を使ったダブル洗顔をする必要なんです。

このオイルのポイントは「乳化!」 です。
オイルを水に濡らすと、「白濁色」になりますがこれが最も洗浄力がある状態なんです!

乾いた手でオイルを化粧に馴染ませたら、手をすすいで濡らしてお顔になじませて、オイルを乳化してくださいね。
次にお湯で優しく落とせばいいんです。
ただ、洗浄力が強い分、肌への影響が大きいために、なるべく肌につける時間は短時間にしたほうがイイですね。


●ローションタイプ

これはコットンにふくませて、ふき取る方法です。
なじませるだけの手軽さでいいですね。

簡単なお化粧ならばローションをコットンに含ませて全体をさらさらっと拭き取るだけで、とれちゃう
んです。

ローションは楽ちんで洗浄力もあるのでずこの化粧落としならぼらな私には助かります。
しかし、ゴシゴシふき取ると肌を痛めて色素沈着を招き、逆効果なのでやさしくが基本です。


●シートタイプ


この、シートタイプは、忙しい人がお化粧落とすときにおすすめな方法です。
疲れていたり酔っ払っちゃったりしてお化粧を落とさずに寝ちゃいそうなときに用意してあるといいですね。

これも同じでシートで肌をゴシゴシこすると摩擦で肌をいためてしまうことが考えられますので。

でも、落ちにくいと思うポイントメイクをシートで落とす、等の使い方だってできますね!

ほー、そんな使い方もあるのね。
参考になります!(笑)

シートですが手軽で楽チンのイメージがありますが、やっぱり注意が必要です。
これでごしごしこすると肌を傷つけることになったり色素沈着の原因にもなりますから。
化粧落としの時は優しく優しくを心がけて下さいね。
つい、早く落としたいからってゴシゴシやっちゃいそうですよね・・・
ポイントメイク落としだと、落ちにくいリップやアイメイクなどの化粧多し用に使うのもアリですね。

●クリームタイプ

これ、私も使っています!
クリームは、一般的で脂性肌や乾燥肌など肌の特性に関わらずどんな肌でも広く一般的に用いることが出来ると言えますね。



忙しいときはオイルで一気に化粧落としという方法、余裕のあるときはクリームでしっかりマッサージ、なんていう方法もアリですね。
これだとマッサージもできてスキンケア効果がかなり期待できるので使うしかないですね!

目元のポイントメイクはそれだけでしっかり落としてからのほうがいいですよ。


●ミルクタイプ

こちらは洗浄力はやや弱めなんですがその分肌への負担が少ないため、メイクの薄い人や乾燥肌・敏感肌の人に特におすすめと思います。

方法は簡単です。
洗浄力が少し落ちる分、ゆっくりと汚れとなじませながら落とすのがポイントになります!
なので優しくマッサージをするような感じで落とせば、ちゃんとお化粧も落とせます。

保湿力の高いメイク落としがミルククレンジングなのでナチュラルメイクさんに特に朗報です。
しっとりしたお肌になれるんですよ。
そんなことを聞くとしっかりしたお化粧で、こっちの方がいい!
という人には、ポイントメイクを専用リムーバーなどで落としてからこちらにするとか工夫するのがおすすめですね。


●ジェルタイプ

このジェルタイプはとろんとしているため肌に伸ばしやすくて、しかもなじみがいいんです。
それにジェルだと弾力性があるのから、肌への摩擦が軽減できるのが特徴と言えます。
これはいいことづくめのような・・・
ちょっとおすすめですね。

ジェルはサッパリしているので、マスカラなどのウォータープルーフを落とすときはポイントメイク用もしくはリムーバーを併用するといいでしょう。


●ポイントメイク専用
なぜ、このポイントメイク専用が必要なんでしょうか??

それには大きな理由があります。
実は、アイメイクをきちんと落とさないと色素沈着を起こしてしまうという恐ろしい事実があるんです。


要は、理想の目元のお化粧の落とし方は、専用のポイントメイクリムーバーでしっかりやってからクレンジングを行うのが必要なんです。
ナチュラルであれば、アイメイクも気にせずまとめて落とす方法でも問題ないかと思いますが、アイシャドウ、アイライン、マスカラ…などがっつであればあるほど、なべくリムーバーを使いましょう。

落ちないと言ってゴシゴシとアイメイクを無理に落とそうとすると、摩擦でメラニン色素が増え、色素沈着が起きるようになってしまう恐れがあります。
恐いのは、一度色素沈着してしまうと、簡単には改善しません。
そのためおすすめなのははリムーバーの使用がいいですね。


というわけで私のおすすめメイク落としランキングを掲載しちゃいます!


★1位 ★


じゃ~ん!
ランキング1位は
ファンケル /のマイルドクレンジングオイル !

本体価格は120mlで1,700円です。


※2位※


ビフェスタ のうる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー !
ポイント用のリムーバーですね。

本体価格が145mlで850円はお手軽です。
堂々のランキング2位です。


※3位※
カウブランドの無添加フェイスケアシリーズ で カウブランド 無添加メイク落としミルク~

本体価格が150mlで880円になります。

※4位※


コスメデコルテ の AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム でございます。


本体価格は150gで10,000円とちょっとお高め。

結構高いのにランキング4位って相当ですね。

※5位※


ビオデルマ のサンシビオ エイチツーオー D です。
こちらはリキッドクレンジングです。

本体価格は100mlで1,200円ですので値段はまぁまぁかしら。


※6位※


カウブランド無添加フェイスケアシリーズ /のカウブランド 無添加メイク落としオイル ですが、なんとなくよさそう・・・


本体価格は・・・150mlで880円。
いいじゃないですか!


とこんな感じでおすすめランキングになっていますが。(笑)
日本人はランキングって大好きですからね~。
参考にしていただけると嬉しいです。


[スポンサーリンク]








では、美肌を保つのも仕事のうちとしている女優さんからの化粧落としの口コミにいってみましょう。

杉本彩の勧めているのは炭酸水が濃くて撮影などでのしっかりメイクもばっちり落ちちゃうという炭酸美容液クレンジングです。
こちらはヤフーや楽天でランキング1位も取ったようなので信頼性が高くておすすめ度も高いのかもしれませんね。

テレビなどで活躍している芸能人たちってどうなんでしょう。
芸能人たちのお肌ってかなりピカピカなんですが、この美しいお肌はきっとランキングの高い化粧品を使っているんだろうなぁって思いませんか??

化粧品の中でも肝心なのは1日ファンデやほこりで頑張ったお肌の化粧落としが重要なんですがもちろんココはご存じですよね~??

ということで、美肌を作る気になるメイク落とし、芸能人の人たちの愛用のものを見ていきましょう!
ランキングに入っていなくても参考になりますよ。
結構おすすめかと思いますが・・・

グラビアアイドルのほしのあき
ファンケルのマイルドクレンジングオイルをずっと愛用しているそうです。
これはばっちり目元もするっと落ちて、さっぱりと洗い流せます。
しかもそれでいてお肌のうるおいを損わないのが好評のメイク落としです。


モデルの道端ジェシカ
すっぴんのような道端ジェシカ.jpg
気に入って使っているものは、シュウウエムラの「エターナル RMD エンリッチド クレンジングオイル」。

こちらは海外セレブにも愛用者が大勢いるといわれる人気のメイク落としです。
成分は何種類ものアミノ酸や天然植物が入っているのやセレブ御用達ならば気になるところです。
お肌の調子をよくしてくれて、落とした後に着ける化粧水がグングン浸透していきます。


あの、IKKOとモデルの美香
この方たちが愛用しているメイク落としは、セラムデュー「アクアクレンズ」!
なんとスキンケアをメイク落としをするのと同時に行うことができるので一石二鳥。
しかも70%弱程が美容成分で作られているから人気が高いのはわかります。

このような芸能人が使っている人気クレンジングは、ほとんどがトライアルセットによってお試しすることが出来ます。
芸能人のように美肌を作るためには、どれが自分に合っているか吟味しましょう。
いきなり購入せずにトライアルセットからスタートしてみるのがいいと思いますよ~。



ということで正しいお化粧落としの方法とポイントデス。


ポイントは少ない量でなく、たっぷりの量で、すばやく落とす。
あと、汚れがなじみやすいのでクレンジング剤は人肌に温めましょう。
手のひら全体でやさしくマッサージなんかすると気持ちいいですよ。
  ↑
これ、誰かもやっていました!
簡単にセルフマッサージできますね。

それから量の目安は500円玉大のたっぷりの量にしましょう!
クレンジング剤の量が少ないと肌の摩擦が起きて肌を痛めてしまうからたっぷりで。
ゴシゴシは恐ろしい事にニキビ悪化やシミの引き金にもなります。

ということはあまりにも高価なものは使えないっていうことですね。
私個人は韓国の化粧品を使っていますが、かなり安くてたっぷり使えて日本人の肌にも合っているので大変気に入っています。



正しい化粧落としとは・・・

ポイントメイクを落とすときですが・・・
「目元」「唇」「眉」がしっかりメイクなはずなのでまずここの汚れを落としましょう。
ポイントメイクリムーバーなどをコットンにたっぷり含またらせ、その上に30秒くらいそっとおきます。
時間がたった後やさしくふき取りましょう。

このときは肌を傷つけるので絶対に絶対にこすらないようにしてくださいね!


これが終わったら皮脂が一番多くいTゾーン。

おでこの中心から鼻の頭にかけて、おでこの中央からこめかみかけて、らせんを描くようになじませます。
このとき小鼻と鼻筋は輪郭に沿って、人差し指と中指を上下に動かしますヨ。

あ、忘れがちな髪の生え際もですよ。


そうしたら皮脂の多いUゾーンにのばしてあごのくぼみとかフェイスラインをらせんを描くように塗ります。
その次に皮脂の少ないところにクレンジングをのばします。
頬と口周囲は顔の中心から外側に上記と同様にらせんを描くようにしていきます。

目元は目頭からまぶたに塗ったらこめかみから下まぶたに、そして最後に目頭の順番で目の周りを一周させながら塗っていきましょう。

ここで注意することは目の周囲は特に皮膚が薄いので、やさしく塗っていきましょう。


気を付けてもらいたいことは化粧落としの方法としては顔の面積の広いところは洗う面積を増やして円を描き、やさしくお化粧を落としていくのが大切になります。
そしてなじんだらぬるま湯でやさしく流しましょう。
洗い流す法が落ちやすいので私的にもおすすめです。
ただ、1点、すすぎの回数を増やすと肌が乾燥する原因になりますのでほどほどにしてください。



ここで一般的なクレンジング剤の特徴をピックアップしてみました。

★クリームタイプ
・角質をケアしながらメイクを落としてくれます。
使い心地がよいのと、うるおいが保てるので、乾燥肌にお勧めです。
・注意点は肌の上でそのままクリームをのせてしまうと、お肌に負担がかかったり、うまく馴染まなかったりま  すので気を付けてくださいね。

★ミルクタイプ
・うれしいことに肌にうるおいを与えながらメイクを落としてくれます。
・敏感肌の方におすすめなんですよ。
 こちらは特に肌に優しく作られたものになります。
・ちょっと手間ですが汚れ落ちが少し弱くなるためしっかりと落ちるまで、マッサージします。
二度つかうことも良いですね。

★オイルタイプ
・落ちにくいウォータープルーフタイプのメイクもすっきり落とします。
・しっかりメイクにはこちらがおすすめです。

★ローションタイプ
・コットンに含ませふきとるだけでささっと落とせます。
・肌に優しく、うるおい成分もたっぷりはいっているので、しっとりしますしたお肌になります。

★ジェルタイプ
・なんとうるおい残してしっかり落とす!
・こちらも肌に優しく、また肌に刺激が弱いタイプです。
 馴染みやすく使用感がよいです。


あと、参考までに、よくテレビや雑誌などで有名なランキング上位の美容家さんのメイク落とし方法をお伝えしますね~。



ランキング上位、佐伯チズ・・・
顔は洗いすぎないことがいいそうです。 
洗顔が乾燥やシミ、しわ、オイリー肌、はたまたアレルギーを引き起こしてしまうことになりかねません。
なんと、洗いすぎがニキビ肌も生んでしまうそうです。
ニキビはオイリー肌だからできると思っていたんですがそうではなさそうですね・・・

善玉菌や脂分、皮脂を保ってお肌を外敵から守るためにはぬるま湯がイイのです。

よくしているしてはいけない洗顔方法は・・・
○朝の石鹸での洗顔
○W洗顔←メイク落としで十分。
○W洗顔しなくてはいけないのでオイルクレンジング。

では、お勧めの洗顔方法は???
年代別の方法になります・・・

20代
ジェル状、ミルクタイプがベストです。
30代以降
乾燥が気になる方もこれでいいのですがクリームタイプがイイです。
保湿効果が期待できますからね。

最初にコットンを水で濡らしてから両手で挟んで水気は軽く切っておきます。
手に乗せたクレンジング剤をくるくる温めて手の平でやさしく内から外に向かってマッサージしたらコットンでやさしく拭き取ります。
つい、ゴシゴシやっちゃうのが私デス。(笑)
そして優しくぬるま湯で最低20回は洗い流しましょう。
ちょっと20回って多い気がしますが・・・
私も気を付けます。

ここまで見たらわかるかと思いますが、朝はぬるま湯で洗うだけ!
そして夜はクレンジングのみで石鹸は使わない!
洗った後はタオルでゴシゴシではなく優しく押さえます!

忘れちゃならないこの人!
もちランキング入りのIKKO流は・・・
○洗顔の泡はデコルテまで洗うようにする。
○絶対にこすらない、なでるように洗う。
○泡はころころ転がす感じですね。
○ぬるま湯で流したら最後は冷水で引き締め効果を狙います。
○こすると摩擦でシミができるので注意です。

リハビリメイクのかずきれいこは洗顔に力を入れています・・・
朝は乾燥が気になるので化粧水とスクワランオイルで血流マッサージ方向で汚れをふき取ります。
それだけでいいそうですよ。
これの詳しいやり方は・・・
○大きめのコットンに化粧水をたっぷり含ませたらナチュラルオイルを加えます。
○こすらないように優しくふきとっていきます。

コットンは力の入れ具合が難しそうですね。
私的にはコットンのけばけばするのが苦手なんですよね・・・。
武蔵りえの10年前の肌に戻る洗顔方法も・・・

この方のやってはいけないケア方法です。
○お湯での洗顔はNG。
○氷を直につける→これや人いるの??←すごいですね・・・
○ごしごし洗う方法。
○化粧水つけたまま。
○朝にクレンジング使って洗顔する。

お湯は体温程度の温かさがいいのですが仕上げは冷水を使用します。
ネットなどでしっかり野球ボールくらいまで泡立てます。
そしてたるみ予防で上向きで洗います。
もちろんごしごしはNG.。
薬指の第一関節で1㎝の円を描くように洗って流すときは左右半分づつゆっくり優しく洗い流して最後にタオルでおさえる感じで拭き取ります。
これで赤ちゃん肌になるそうです。


以上の美容家さんたちのクレンジングですが、まとめると・・・ 
★ゴシゴシ洗いは絶対にダメ。
★お湯で洗うこと。
★朝のクレンジングはあまりいらないのかな?
★タオルで優しくふき取る。

人気美容家ランキングの栄えある1位は・・・

多分ですが(笑)
中学の娘さんを持っている石井美穂です。
まるで美魔女のような石井美穂.jpg
この人は元の顔がいいですね。
美しすぎる、見ていてドキドキする、こんな人になりたいなどなど同性からの感想も多く人気ナンバーワンで今、注目株です。
こだわりの化粧品も使っていますが化粧落としにもこだわっているからきれいな肌を保っているんでしょうね。

上塗りでなく、落とすことが大切です。
何でも土台ですからね~・・・


終わりにしようと思ったんですが・・・でも、ちょっと待って!
思ったんですが化粧落とし不要の化粧品ってないの??

そんな疑問が出てきました~。

だってあれこれ面倒なんだもん。。。
ということで、こちら!

W洗顔なら1回の洗顔で汚れを落とせて2回目で皮脂汚れを落とすことができるから忙しい人に、ずぼらさんにもおすすめなんです。

ずぼらな私も大好きです!

お化粧はしっかり落とせて汚れも落とせるのにお肌の負担が少ない・・・

そのおすすめランキングをご紹介します。
ランキング1位は~。
マナラホットクレンジングゲル

2位は~。
リダーマラボ・モイストゲルクレンジング

3位は~。 
D・U・Oクレンジングバーム

このW洗顔不要クレンジングが必要な人はW洗顔を早くしたい!とか洗顔で肌が乾燥している、負担を肌にかけるのがいや、洗顔後のスキンケアは簡単がいい、洗顔自体リーズナブルにしたいという人におすすめです。
W洗顔に含まれている成分がセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、スクワらん、ハイドロキノン誘導体など安心成分が多く含まれているのでね。
ランキング上位のものなら使い勝手もよくて安心して使えそうですね!

いかがでしたか?
ご参考までに。



[スポンサーリンク]







というわけで今日は「おすすめのメイク落としランキング」について書きました。

共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。